お役立ち☆パワーストーン厳選6サイト

パワーストーンの寿命および対応策

トップ > パワーストーンの豆知識 > パワーストーンの寿命および対応策

パワーストーンの寿命および対応策

説明のしようがないパワーが宿っている事でよく知られているパワーストーンですが、パワーストーンには、寿命が存在しているという事を知っている人は多くありません。
パワーストーンの寿命や寿命が来たパワーストーンをどのようにしたら良いかを理解することは非常に重要になります。
誰でもどういったものでも、寿命があります。
パワーストーンのケースでも、石のエネルギーには寿命があるとされています。
とは言っても、アクセサリーという形で活用するのであれば、異常を来たすまで寿命はないといえます。
アクセサリーという形で使用されるビーズストーンのケースでは、石によっても違ってくるのですが、パワーに関しては1から3年ぐらいと言われています。
それに加えて、原石自体を使用している場合は、数年が寿命といわれています。


寿命が来た場合の対応策についてですが、パワーストーンの寿命の見分け方は、極めてシンプルといえます。
たとえば無くした時、どうやっても取り戻せない周辺環境にあるとき、どういうわけか無くした時や、存在している場所が判明していても戻せない周辺環境にあるときは、言ってみれば石との決別の時ということになります。
パワーストーンに関しては、力を持っている石と言われていますので、離脱した時がお別れの証であるといえます。
これについても他の言い方でいうなら、石の寿命とも言えると考えられます。
不思議と自然に縁が切れていくことはよく経験することになります。
これについては、ある意味石の寿命といえ、新しいパワーストーンを購入すべき時期ともいえます。
こうしたタイミングでは、気持ちを切り替えて再購入すると賢明といえるでしょう。


また、見るからにカラーが変わってきた、傷だらけの状態になっている時も寿命と関係してくる場合があります。
パワーストーンが始めと比較して、誰の目にも明らかにくたびれていたり、カラーがくすんできている場合があります。
これに関しては良くない気を汲み取っている証のため、寿命が非常に近い証拠であるといえます。
しかしながら、石をそれ相応のやり方により洗浄することによって、輝きそのものが復活し、パワーストーンはパワーをもたらしてくれるようになります。
洗浄を実施しても輝きが快復しない場合は、少しだけ休ませて状態を見てみましょう。
かりに寿命が来ても、惚れ込んでいる石を手元も仕舞っておくことは問題ありません。
一定サイクルで休ませ状態をチェックしながら、パワーストーンを手厚く扱うことが重要になります。

次の記事へ

カテゴリー